メニューバー
スペース
スペースDIARY-東海3県で暮らしてます-|
スペースTOPDIARY
わいるどぷらんトップへ
カテゴリー
記事一覧
月別記事一覧へ
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
その他
エントリートップ
愛西市情報
写真
写真:愛西市立田地区

中学校区ごとに、学校や公共施設、環境や住みやすさなどを、
写真を交えてお届けしている、家造.netの「地域学区ガイド」に、

愛西市の情報がアップされました。

今回も取材からデータ収集、ライティング、ウェブページ作成と、
全てを担当させていただきました。

愛西市は、
2005(H17)年4月に海部郡の4町村が合併して発足した新しい市で、
愛知県の西玄関に位置しています。

津島市を取り囲むように「ヒ」の字の形をしていて、
津島市の南北にある佐屋地区、佐織地区からは
名古屋への鉄道アクセスも良好で、小規模ながら住宅団地も多く、
工場誘致も積極的に行っています。

一方、西側の立田地区、八開地区では、
レンコンやイチゴの栽培など農業が盛んで、
のどかな農村風景が広大に広がります。


取材してみて感じたこと。

愛西市って、本当にのどかな水郷地帯で水と緑が豊か。
その割には、鉄道や道路はすごく便利なところもありつつ、
一方では何もないところも。

いろんな意味で、津島市との境にある壁は大きいですね。

立田や八開は、合併して市になっているだけで、
今も「村」と呼びたくなる風景そのもの。

しかも、津島市を取り囲むように周辺部が合併してるだけだから、
市の中心部と呼べる場所が無いというのも、とても不思議。

しかし、佐屋と佐織地区に限っては、意外とスーパーが多いですね。
カーマとオークワの共同SCには本当にビックリ。

写真
写真:愛西プラザ

ちなみにここが、愛知県で唯一のオークワ店舗です。
過去には、パレを買収して一気に…とか、そんな話もありましたけど、
結局は、ブランド統一までには至っていないんですよ…ね。


愛西市は、市域のほぼ全てが海抜ゼロメートル以下で、
水との戦いの歴史もあります。

この、愛西プラザの駐車場も、遊水地を兼ねていました。
| お仕事 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
稲沢入り浸り
写真

先日のリーフウォークに続いて、
今日はお仕事で稲沢へ。
やってきたのはアピタタウン稲沢。

結局、アピタかよwって言われそうですが、

そうではなく、アピタタウンに用事ではなく、
横のユニー本社棟にお仕事でやってきたのです。


それにしても、さすがユニー本社隣接なだけあって、
アピタタウンはまるで、ユニーグループ勢ぞろいって感じ。
なのに、すぐ近くに挑戦的に存在するヨシヅヤが…。


稲沢って、さすがユニーのお膝元なだけあって、
買物に困ることはありませんし、

ぎふチャンのテレビラジオともに受信環境もいいし、
三重テレビも映る。

引っ越そうかなw
| お仕事 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
関へ行ってきました
写真
写真:ぶぅ

ぶぅに会いに、という理由もあながち間違ってはいない所用で、
岐阜の関へと行ってきました。
と書いてしまうのは、
「関」という地名を耳にすると、私の場合どうしても、
亀山の向こうの関と「どっちなんだ!」と思ってしまうからです。

私の住む瀬戸から関といいますと、
これまでは、
多治見、可児、美濃加茂、関と行くのが当たり前だったのですが、

土日は高速が1,000円なんだから、東海環状道で行ってみよう!と、
買ったばかりのナビで行き先を設定したら、
到着予定時間は1時間後。


い…1時間だとぉ!

そして本当に、関市の中心部まで、1時間弱で着いたのでした。


関、近いな。


そして、
「ありがとう土日高速1,000円」と言いたいところなのですが、

行きも帰りも通勤割引の時間で、両方とも「750円」だったので、
麻生さんの恩恵は受けていません。
| お仕事 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
津島市情報
写真
写真:津島市中心部

中学校区ごとに、学校や公共施設、環境や住みやすさなどを、
写真を交えてお届けしている、家造.netの「地域学区ガイド」に、

津島市の情報がアップされました。

今回も取材からデータ収集、ライティング、ウェブページ作成と、
全てを担当させていただきました。

取材してみて感じたこと。


津島市は、名古屋市の西、海部地区の中心都市ですが、
イマイチこれまで、
名古屋のベッドタウンというイメージが私の中にはありませんでした。

名古屋駅へは名鉄津島線で30分強と鉄道利便性はある程度あるのですが、
幹線道路は縦横に走っているものの、市街地は道路も細く、
東名阪自動車道は市の端を通っており、
自動車交通の利便性は場所によりかなり差異があります。

木曽三川の中州に位置していて、
市域のほとんどが海抜ゼロメートル以下地域です。
このあたりが、ベットタウン化に至らなかった理由でしょうね。
ただ近年は農地の宅地化が進み、マンションが増加しています。

歴史的に見るとかつて、尾張で最も栄えた地域でありますが、
近代的な開発はそれほど進んでおらず、
今も当時の面影を残す古い町並みが随所に見られるのも特徴です。
また、津島を地盤としたスーパーもあり、大型ショッピングセンターも見られます。

ベッドタウン化が進まなかったことで、
歴史と今が隣り合う、
周囲の町とはちょっと違う空気の流れる津島市に注目です。
| お仕事 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
散り際が肝心?
写真
写真:天王川公園周辺(愛知・津島市)

昨日、津島市の天王川公園横を通ったところ、
満開ながらも桜は散り始めていて、
歩道がピンクのじゅうたんのようになっていました。

今年は開花から満開まで時間がかかったものの、
満開になった瞬間に、25℃を越える暖かい日々となり、
あっという間に散り始めとなっていますね。


まあ、この儚さが桜の魅力なわけですけど、

この時期に合わせて、
外国から満開の桜を見ようと、日本に旅行をするのは、
本当に難しいことだと思います。


満開宣言が出た瞬間に、その場所に行くと最高ですよね。
私は今年それをやって、しっかりとお花見してきました。


それにしても、毎日暖かすぎ。眠くなる〜。
| お仕事 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
清須市・春日町情報
写真
写真:清須市西枇杷島町

中学校区ごとに、学校や公共施設、環境や住みやすさなどを、
写真を交えてお届けしている、家造.netの「地域学区ガイド」に、

清須市・春日町の情報がアップされました。

取材してみて感じたこと。

清須市は、2005(H17)年7月に新川町、西枇杷島町、清洲町が、
対等合併して誕生した新しい市で、
名古屋市に隣接しており電話の市外局番も名古屋と同じ052です。
庄内川の下流域に当たり、市域全体が海抜10メートル未満です。
鉄道、高速道路の利便性が高く、近年はベッドタウン化が急速に進んでいます。

かつては仕事でよくこの界隈に行っていたのですけど、
ここ最近はあまり行く用事が無くて、

いまだに「きよす」という語感が、
西枇杷島や新川には馴染まない感じがしてしまうのですが、
やはりそのとおりで、

旧清洲町と旧西枇杷島町、旧新川町で全く印象が違いますね。
もちろん、春日町も違います。

清洲市と春日町は今年10月に合併を控えていて、
清洲市として表情がまたひとつ増えることになります。


その春日町。
町内を鉄道は走っていませんが清洲駅が程近く、
また道路は一般道、高速道路ともにアクセスは良好です。
ベッドタウン化はそれほど進んでおらず、
名古屋市近郊にもかかわらず五条川沿いには田園風景が広がり、
静かな環境となっています。


このあたりは、下町風情の残る駅がある一方で、
駅前再開発の進む駅があったり、
大型スーパーが立ち並ぶ一方で昔ながらの商店街があるなど、
今と昔が混在する多面的なエリアで魅力的ですね。


それにしても。

清須市のホームページにある、
地元郷土史家による新市名 「清須」 を自負するコメントが面白い。

・安易な合成市名にならなかったこと
・ひらがな、カタカナ市名にならなかったこと
・旧国名を独占するような市名にならなっかたこと
・日本にはなじまない人名市名にならなかったこと
・どこでも通用しそうな瑞祥市名にならなかったこと

そして

・近くの大都市に寄りかかったような方角市名にならなかったこと


「あの方角市名のように…?
 北名古屋市のことか…。
 北名古屋市のことかーーーっ!!!」


清須在住の漫画家の作品風に〆てみました。
| お仕事 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
ああ、あの頃の名古屋…
ここ最近、セントレアこと中部国際空港に関する、
寂しいニュースが多いですよね。

エミレーツ航空などの撤退や、貨物便の減少。
さらに、昨日発表された数字は、今期純損失28億円、
来月以降役員の報酬を一部返上…。

もちろん、寂しいのはセントレアに限らず、
名古屋全体、いや、日本全体なのはわかってるんですけどね。

そんななか、仕事の出先で思わず「ああ…」と思うものを見つけてしまいました。

写真
写真:セントレア開港を待っていた頃のミニ幟

それは、セントレアが開港する前の、
常滑セントレアサポーターズクラブによる、
セントレア開港を知らせるミニ幟。

そこには「GO FOR 2005 2.17」文字。

そっか…ちょうど4年前でしたよね。
あの頃は名古屋全体が浮き足だっていて、
広告代理店の力によって、全国的にも名古屋ブームが作られていました。

私も4年前の今頃は、建設中の万博長久手会場で、
RFIDに関する展示設置のお手伝いをしていました…。

あの頃は良かったなんてことを言うつもりは毛頭ありませんし、
戻りたいとも思いませんが、

何かこう、当時の気持ちや雰囲気を思い出すと、
世界というのはわずか数年でこれほどまでに変わるものなのかと、
改めてあぜんとしてしまいました。

来年の今頃は、どんな名古屋になっているだろか…。
| お仕事 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
いなべ市情報
写真
写真:いなべ市遠景

中学校区ごとに、学校や公共施設、環境や住みやすさなどを、
写真を交えてお届けしている、家造.netの「地域学区ガイド」に、

いなべ市の情報がアップされました。

取材してみて感じたこと。

いなべ市と言っても、これまで私の中では、
いなべ=員弁町のイメージの強かったので、
交通量も多くて、工業が盛んで結構賑やかな印象があったのですが、

ほんと、のどかですね。

確かに、工場はいっぱいあって、活力は伝わってくるのですが、
その工場が見事に山間にあるんですよね。

その割りにさすがイオンのお膝元。
あの風景のなかに、24時までやっているマックスバリュがあるのはすごい。

余談になりますけど、
確かジャスコって、意図的に古い赤と緑のロゴの店舗を、
21世紀になるまで残していたような…。、
それがこのあたりにあった気がするのですが…。
大安店だったっけかなぁ。

そして、そんなお膝元に果敢にアタックするヨシヅヤも素敵。

まあ、ヨシヅヤが員弁に進出したのには、
いろいろとワケがあったそうですけれども…以下自重。


いなべ市は三重県最北端に位置し、岐阜県と滋賀県に接しています。
養老山地と鈴鹿山脈に囲まれ、
古くから農業が盛んでしたが、近年は工業化も進み、
商業施設も進出、人口も増加しました。
しかし最近は微増にとどまっています。
三岐鉄道の2線と国道が市を縦に貫き、桑名・四日市と結んでいます。

山間にて静かで長閑な生活を楽しみながらも、
工業地域であるため就労場所も多く、
場所によっては桑名や四日市、名古屋へのアクセスも可能です。

ベッドタウンとして、また、山村留学など本格的な山村生活を楽しむ場として、
さまざまな表情を持ついなべ市、でも名古屋のベッドタウンになるのは、
いまのところちょっとキツい立地かな。

東海環状自動車道が全線開通すると、いなべは大きく変わるでしょうね。
いつになるかはわかりませんけど。
| お仕事 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
東員町情報
写真
写真:西桑名ネオポリス(三重・東員町)

中学校区ごとに、学校や公共施設、環境や住みやすさなどを、
写真を交えてお届けしている、家造.netの「地域学区ガイド」に、

東員町の情報がアップされました。

取材してみて感じたこと。

東員町ってまだ残ってたんだ…と正直思いました。
なぜなら、かつて員弁郡だった5町のうち4つが
「いなべ市」になっていますからね。

東員町は桑名市との結びつきが強いことから、
町長がいなべ市とではなく、桑名との合併を目指したのですが…。
員弁郡として一緒になりたい勢力もいたりして…。

結局現在も単独町制となっています。


東員町といってまず思い浮かべるのが、
巨大な住宅団地、

「♪西桑名〜ネオポリス〜」ですね。

昔はよくテレビCMが流れていました。
「西桑名」というネーミングのあたりも、
桑名そして名古屋のベッドタウンとしてやっていく!
という勢いを感じます。

東員町は、南の平地からゆるやかに北の丘陵地へと町域が続いていて、
南側は広大な田園風景、北側は広大な住宅団地となっています。

古くから都市近郊農業の町として発展、
昭和50年代以降は名古屋のベッドタウン化を狙い宅地を次々と造成し人口増加。
近年は横ばいですが、
バリアフリー町営住宅を新設するなど開発を続けています。
桑名へ三岐鉄道で25 分。名古屋まで50分程度です。

名古屋のベッドタウンとは思えないほど長閑で静かな住環境となっています。

東員町なら、名古屋への通勤もありかも。
| お仕事 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
四日市市情報
写真
写真:四日市市富田地区

中学校区ごとに、学校や公共施設、環境や住みやすさなどを、
写真を交えてお届けしている、家造.netの「地域学区ガイド」に、

四日市市の情報がアップされました。

実は、この取材で何度も四日市に行っていたのです。
取材してみて感じたこと。

四日市市は、三重県内最大規模の都市で、
かつて公害の街として名が知られたとおり、
海岸沿いには大工業地帯が広がりっています。

まあ、石原産業なんかは今もニュースによく登場しますが、
それ以外は、現在ではかなり環境は改善されています。

また、名古屋まで特急電車で30分強なんですよね。
私の住む瀬戸市よりも実は便利?という感じで、
近年は名古屋のベッドタウン化が進んでいます。

近年は、これまで内陸の分譲住宅団地に住んでいた人々が、
次々と中心部のマンションを購入する傾向にあり、
中心部はちょっとしたマンションラッシュとなっています。

山側では今も田畑が多く見受けられますが、
丘陵地の宅地開発もかなり前から進んでおり、
現在もいくつか分譲中のところもあります。

新名神高速道路の開通などで、
さらに利便性が高まりつつある四日市市は今、
注目のエリアだと思います。
| お仕事 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
<<新しい記事へ過去の記事へ>> スペース
メニューバー左プロフィール区切りニュース区切り日記区切りコラム区切り物語区切りリンク区切りメールメニューバー右
Copyright(C)2007-2009 TOSHIKAZU KAWAI All Rights Reserved.
スペース
スペース
わいるどぷらんどっとこむ TOPPY.NET