メニューバー
スペース
スペースDIARY-東海3県で暮らしてます-|
スペースTOPDIARY
わいるどぷらんトップへ
カテゴリー
記事一覧
月別記事一覧へ
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
その他
エントリートップ
タイアップでサヨナラ
写真
エイパム

ポケモンアニメのお話です。

大型連休直前、数週間に渡って、
「ポケモンピンポン大会」なるストーリーが展開されました。
ポケモンでピンポン?と、思わず首を傾げてしまうところですが、

テレビ東京が「ゴールデンウィークは卓球だ!」と、
世界卓球の中継に全力投球していたことを知ってる人は、
「ああ、そういうことか。」となると思います。

結果は、開幕スペシャルの3.8%を筆頭に、
世界卓球は惨憺たる視聴率だったようですが…。


さて、アニメの本編に、
いかにもタイアップとも取れる話が組み込まれていたことに、
ちょっと閉口気味だったところに、

最後、ポケモンピンポンの強化選手になるという理由で、
ヒカリのエテボースがアニメから卒業という展開に、
思わず「おいおい」と…声が出てしまいました。


私は前シリーズの「アドバンスジェネレーション」は見ていなかったのですが、
エテボースはもともと、サトシのエイパムとして、
前シリーズからずっといたようです。

今シリーズのダイヤモンド&パール編に入ってからも、
サトシにちょっかいをかける、
サルをモチーフにしたかわいい女の子ポケモンという位置づけでした。

しかし、
同じくサルをモチーフにした「ヒコザル」が登場した時点で、
雲行きが怪しくなっていた気はしていました。

しかもヒコザルは、
サトシのライバルであるシンジによって、PTSD(?)を患い、捨てられ、
サトシとともにそれを克服して、シンジを見返すという、
大きなひとつの柱とも言えるストーリーを担っているので、
絶対に外すことも、進化させることもできません。

そこで、エイパムはコンテストに興味を示し、
ブイゼルと交換という形でヒカリの持ちポケモンとなり、
さらには進化して、エデボースとなって、
ヒコザルとはうまく棲み分けを図ったかのように見えていたのですが…。


今回、こんなタイアップストーリーで卒業という、
何とも後味の悪い展開で姿を消すことになってしまったのです。


ただ、まあしょうがないか…という気もしないではありません。
エイパムの頃はかわいかったけど、
エテボースは確かに、絵的にはちょっとね…。


新エンディングを見ると、
この夏はピチュー(ピカチュウの進化前・しかも後付け)を、
イチオシにするみたいだけど、

私はもともとピチューはあまり好みではない上に、
このエテボースの卒業が、ピチュー登場の代償だというのなら、
ちょっとそれは変な感情移入を伴ってしまいます。
| アニメ | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
いよいよハイビジョン
写真
写真:ブイゼル

いよいよハイビジョンです!

と言っても、今回取り上げるのは、
三重テレビの四日市情報カメラのことでもありませんし、
わずか2週間でなぜか撤去されて、再びSD(標準画質)に戻った、
テレビ愛知本社のお天気カメラのことでもありません。

ハイビジョンのデジタル放送が始まって5年ちょっと。
当初は、ハイビジョンの番組はかなり少なかったですが、
今では多くの番組がハイビジョンとなり、

深夜を中心に、アニメもハイビジョンの作品が多くなってきました。

しかし、
日本で最もたくさんのアニメを放送しているキー局であるテレビ東京で、
最も高い視聴率を誇るアニメである、「ポケットモンスター」は、
ずっとSD(標準画質)の放送のままでした。

それがいよいよ、この4月からハイビジョン化されることになったとのこと。
これはうれしい!

逆に、なぜ今までSDだったのか、そっちの方が不思議なくらいですね。
| アニメ | 21:19 | comments(4) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
ポケモンもありですか…
写真
写真:ルカリオ

昨日の「ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール」は、
ルカリオが登場するということで、
いつもよりもちょっと楽しみにしていました。

リオルもルカリオも、ちょっと影のある感じで、
しかもカッコイイんですよね。

やっぱり、予想通りルカリオは渋いなぁ〜なんて、
思っていたわけですが、


ふと、ネットでルカリオについての評判を調べてビックリ。


ルカリオさん…腐女子の間で人気あるんですね…。


いや、別にね、
私自身はもちろん男ですから、
そういう同人誌を読んだりなんてことはないのですが、

腐女子の方々の趣味を否定するつもりもありませんし、
それはそれで、ひとつのジャンルとして存在してもいいと、
思ってるんですけど、

まさか、人間キャラじゃなく、ポケモンでそれですか。

しかも、ルカリオは「受け」なんですね。


まあ、そりゃ…あれなら当然受けだろうな、と、
なんとなく納得できてしまう自分も嫌だけどw
| アニメ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
とうとう映画見に行っちゃった…
写真
感謝ポケモン・シェイミ
足の先を描くの失敗しちゃったからちょっとごまかしてますw

かなり遅ればせながらですが、この夏休み7月19日に公開となりました、
ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール(プラチナ)劇場版
「ギラティナと氷空の花束シェイミ」を、
ワーナー・マイカル・シネマズ各務原にて見てきました。

ポケモンの映画は今年で11作目になりますが、劇場に足を運んだのは初めて。

劇場に入ろうとすると注意書きが、
「テレビアニメとは違う手法で製作していますので…」

ふむふむ。簡単に意訳しますと…。

「テレビ東京の厳しい制限内で作っているいつものと違って、
映画は本領発揮で光が激しく点滅したりするから、体調崩したらごめんな!」

とのことw

しかし驚きましたね。
ポケモンの映画はDVDで見ても景色が綺麗ですし、評判なだけあって、
劇場で見ると本当にスゴい。思わず吸い込まれそう。

<良かった点>

1.オープニングタイトルをいつものテーマ曲にせず、
重厚感のある曲と迫力のある映像にしたことで、
冒頭のディアルガとギラティナのバトルの余韻が途切れることなく緊張感が続いた。

2.敵から電車で逃げるというドキドキ感はいつになく新鮮。

3.ポッチャマのキャラが前半は良く出ていた。
いい個性を持っている割には、普段はなかなか表面に出ないのが残念。
まあ、強さを強調したい部分もあるだろうから仕方ないと思うけど。

4.本業が声優では無い人が声を担当していたにもかかわらず、
ゼロ役の中村獅童さんと、シェイミ役のあの人の演技にはビックリ。
シェイミは最後まで誰だか気づかなかった。それくらい自然。

5.いつものとおり勧善懲悪で、子どもたちにも理解しやすい反面、
深いメッセージ性を持たせているので、それを読み解く楽しさがあった。


<残念だった点>

1.アッキーナの演技は…まあ、若いし仕方ないか…。

2.今回は感謝ポケモン・シェイミを登場させたことで、
若干アクセントがついたけれど、パターンとしてはいつもと同じで、
伝説のポケモンの登場とそれを執拗に追う悪役という構図。
もっと悪役の持つ野望が、心の闇を反映させたようなもので、
それによってピカチュウとサトシの関係に疑問符を持たせたり、
2人が精神的に追い詰められるような深みがあるのをまた見たいな。

3.いつものことなのですが、ストーリーがかなり難解で、
子どもたちには当然理解できない部分があるでしょう。
一方で、ポケモンの世界観をしっかり理解していないと、
ストーリーを把握するのは困難だと思うので、
製作サイドのメッセージを理解できるであろう大人は、
ポケモンの世界観を理解していないだろうから、
結局のところ、深いメッセージはごく一部の人にしか伝わっていないのでは…?

4.パンフレットが売り切れだった。

5.ブイゼルの活躍が少なかった…。


多くの人の感想は「シェイミが可愛かった」なんですね。
シェイミは結構ツンデレキャラで、キャラクターとしては私も好きですし、
バトル中に、スカイフォルムのシェイミとサトシの心が通じ合って、
目と目で合図しあうシーンなんかは鳥肌だったんですけど、

可愛いかなあ??

それにしても、声が活動弁士の山崎バニラさんだったのには驚きました。
私、これまであの人がテレビに出てくると苦手だったんですけど、
これからは大丈夫かも。

余談ですが、私の祖父も昔は名古屋で活動弁士をやっていたらしいです。
やっているところを見たことは無かったのですが。

繰り返しになりますけど、
オープニングのタイトルが本当にすごかった!!
映像といい、音楽といい、あれは迫力がありましたね。
あそこを見ただけで、劇場に見に来た甲斐があった!と思わせてくれました。

ちなみに。
最近はポケモンの映画の上映時に、劇場にニンテンドーDSを持ってくると、
映画に登場するポケモンが通信でもらえるんですよね。
それが興行収入を押し上げているとか。

ポケモンのゲームをやったことのない私は関係の無い話ですがw

というわけで今回も、シェイミの絵を描きたかっただけの日記でした。
長文すみません。
| アニメ | 14:14 | comments(2) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
ポケモンを見て…歳とったなぁ
写真
写真:ピカチュウ

先週の木曜に放送された、ポケットモンスターの昨年の映画、

「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
ディアルガVSパルキアVSダークライ」をDVDに録って、

映画館のようにとはいきませんが、
スピーカーがいっぱいあって音響効果の良い、
大きなプラズマテレビのあるところで見てきました。

しかしそれにしても、いくら地デジ周知月間だからって冒頭で、

「おうちの人にテレビが地デジかどうか聞いてみよう!
もし地デジなら、10チャンネルに合わせて、
高画質、高音質で今日のポケモンを楽しもう!」って、

アナログ家庭に対するすごい嫌がらせだな…。

さてさて、ポケットモンスターのテレビアニメが始まったのは、
1997(H9)年4月1日。私はまだ大学生でした。
ピカチュウのカワイらしさにグサっとやられ、
湯山邦彦監督の作り出す世界に吸い込まれました。

当時の私は、主人公のサトシ目線で見ていたのですが、

ここ最近、ふと気づくと、
サトシをわが子目線で見ている自分に気づくんですよね。

まあ、あれから11年経ちまして、
私自身、サトシくらいの子どもがいてもおかしくない年齢なわけで、
当然といえば当然なんですけどね…。

歳とったなぁ。はぁ。

それにしても、テレビ東京で、
こんなロングランなアニメが登場することになるとは、
当時は全く想像できませんでしたね。

ちなみに、ポケモンはアニメとしてギネスブックに載ってるんですよね。

「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組」ってw
| アニメ | 03:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
ポケモン列車が瀬戸にも来る!
写真
写真:昨年のポケモン列車

毎年恒例となっている、名鉄のポケモンラッピング電車。
昨年は3編成が運行され、今年も同様に、

3700系「ポケモン ダイヤモンド・パール号」(4両組成1編成)
2000系ミュースカイ「ポケモンミュースカイ2008号」(4両組成1編成)
2200系ラッピング車両「ギラティナ・シェイミ号」(6両組成 1編成)

の3編成が運行され、今年も昨年と同じような感じだな…と。

もちろんこれらは、名鉄名古屋本線や空港線などで運行されるわけで、
本線とつながっていない、独立した存在、
仲間はずれの存在である瀬戸線には、来るわけもなく、

このブログでも、ほとんど期待はせず、半分以上冗談で、
「たまには瀬戸線にも乗り入れてください」なんて書いたのですが…。

なんと、今年は瀬戸線にもポケモン列車が来ます!
そして尾張瀬戸駅にピカチュウが来ます!


7月12日から来年の1月16日まで、
瀬戸線 6000系「ランニングピカチュウ号」(4両組成1編成)
が運行されるのです。

そして7月12日(土)は、尾張瀬戸駅の一日駅長としてピカチュウが登場。
午前10時15分から11時まで、記念出発式が行われます。

19日にリニューアルオープンするポケモンセンターナゴヤ。
ちょっとフライングの感もありますが、
そのポケモンセンターのある栄に直結している瀬戸線に、
ようやくポケモン列車が登場です。

こんなど田舎の瀬戸電に、
一日駅長でピカチュウが来るなんて、すごいよ。。。

やっぱり、お腹の右側がちょこっと汚れてるいつものピカチュウかな。
| アニメ | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
リストラミズゴロウ
写真
写真:ポケモンセンターナゴヤ

栄のオアシス21にあるポケモングッズ専門直営店、
「ポケモンセンターナゴヤ」。

これまで、東京や大阪の店舗に比べて規模が小さく、
店内がいつもごったがえしていた上に、品揃えも少なかったのですが、

7/19に移転してかなりスペースが広くなるとのこと。

新店舗では、店内のいろんなところにピカチュウがいたり、
ピカチュウの形をしたトンネルをくぐる演出があったり、
照明効果にもこだわるようです。

また、7/19から27までの期間中、無くなり次第終了ですが、
3,500円分の商品を買うごとに、
「ランニングピカチュウスタンプ」がもれなくもらえます。

さらに、ポケモンセンターナゴヤ限定のおひっこし記念グッズも販売。
これまでナゴヤのロゴマークは、
「ピカチュウ・チコリータ・ミズゴロウ」だったのが、
新店舗からは「ピカチュウ・チコリータ・ヒコザル」に変更になり、
その3人を配したグッズです。

ちなみに、移転先もオアシス21内です。
最近は常時テナントを募集してるみたいですし、
ポケモンセンターが大きくなる影で、
気がついたらいなくなっているお店も多い…ということですね。
| アニメ | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
子どもをバカにしているぎふチャン
写真
写真:ポケットモンスターのピカチュウ

テレビ東京で、最も認知度が高いといっても過言ではないアニメ
「ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール」。

その放送の仕方があまりにもおかしなテレビ局が存在します。
子どもだちをバカにしているのではないか?と疑いたくなってしまうほどです。

「ポケットモンスター」はテレビ東京系列6局だけではなく、
その他の放送局にも、一部スポンサードネットで放送されており、
合計全国38局ネットで放送されています。

テレビ東京での放送時間は、毎週木曜19:00からの30分間。
しかし、編成上の都合で番組が休止した場合には、
翌週に60分のスペシャル版として、2話放送するという形態をとっています。
ここ最近の放送パターンはこのとおりです。

※SP=60分スペシャル

テレビ東京/テレビ愛知 毎週木曜19:00

**03/13(木)19:00 70話
SP03/20(木)19:00 71話・72話
**03/27(木)19:00 休止
SP04/03(木)19:00 73話・74話
**04/10(木)19:00 休止
**04/17(木)19:00 75話
**04/24(木)19:00 76話
**05/01(木)19:00 休止
SP05/08(木)19:00 77話・78話

これを踏まえたうえで…。

岐阜県では、
テレビ東京系列局ではない、独立U局の岐阜放送(ぎふチャン)が放送をしており、
普段は毎週水曜18:30から、約2週遅れで放送しているのですが…。

なぜか、テレビ東京が60分のスペシャル版を放送する時のみ、
同時ネットするのです。

普段2週遅れなのに、スペシャルだけ同時。
もちろん、放送の順序はめちゃくちゃになります。
ここ最近の放送はこのとおり。


ぎふチャン 毎週水曜18:30(2週遅れ) SP時だけ木曜19:00同時ネット

**03/19(水)18:30 休止(別番組)
SP03/20(木)19:00 71話・72話(同時ネット)
**03/26(水)18:30 69話
**04/02(水)18:30 休止(別番組)
SP04/03(木)19:00 73話・74話(同時ネット)
**04/09(水)18:30 70話
**04/16(水)18:30 再放送(42話)
**04/23(水)18:30 再放送(43話)
**04/30(水)18:30 75話
**05/07(水)18:30 休止(別番組)
SP05/08(木)19:00 77話・78話(同時ネット)
**05/14(水)18:30 76話


放送時間が不規則な上に、

72話の次の週に69話
74話の翌週に70話、
78話の翌週に76話なのです。

ポケットモンスターは単発ストーリーではなく、
シリーズのなかで話が連続して進展していくアニメです。

これ、どう見ても子どもをバカにしてるでしょ。
ドラマや時代劇でもこんな流し方をするのですか?

ぎふチャンがポケモンを「所詮ジャリ番組」と扱っているのがよくわかります。
入れ替えたって、ガキなんか気づかないだろう、ということでしょうか。

ちなみに、
同じく独立U局であるお隣の三重テレビは、当然こんな非常識なことはなく。


三重テレビ 毎週水曜17:00(2週遅れ)

**03/19(水)17:00 69話
**03/26(水)17:00 70話
**04/02(水)17:00 71話
**04/09(水)17:00 72話
**04/16(水)17:00 73話
**04/23(水)17:00 74話
**04/30(水)17:00 75話
**05/07(水)17:00 76話
**05/14(水)17:00 再放送

放送がテレビ東京に追いつきそうになると、再放送をはさむことはあるものの、
ストーリーがてれこになることはありません。

岐阜県のポケモン好きなお子さまたちに同情します。
| アニメ | 14:27 | comments(3) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
切なくて、かわいくて、萌えw
写真

先週の木曜に放送されたポケモンの1時間スペシャル
「ポケモンレンジャー!波導のリオル!!」。

放送の日、いなべに梅を見に行っていて見られなかったので、
遅ればせながら先日見まして、もうね、そのクオリティにビックリ。

おいおい、これがテレビシリーズのポケモンか?というくらいに重く、シリアスな話。
しかも作画も、テレ東のテレビアニメとは思えないほどイイ。

ポケモンは現在の「ダイヤモンド&パール」シリーズになってから、
その筋では評価が高いらしいのです。

実際我が家でも、数年間ポケモンを全く見ていなかったのですが、
今回のシリーズになって、何か惹かれるものがあるのか、
再び毎週見るようになりました。

惹かれるものとは何か?

たまにしか登場はしないのですが、
子ども向けアニメとは思えないほどの、冷酷で明確な複数の悪役の存在が、
ストーリーに一本筋を通しているというか、
世界観に深みを持たせていると思います。

単純に、ポケモンと冒険するという展開なのではなく、
この世界ではポケモン=動物なので、

動物とともに生きることとは、ともに人間として成長するどういうことなのか、
動物を愛することとは何か、そしてその意味とは。
そんな描き方をしているところに惹かれるのでしょう。

「モンスターボールなんて都合のいいものがある時点で興ざめだ。」
と言われるとつらいのですが。。。

しかも、今回の話の主役の「リオル」がもう切なくて…、
完全に萌え〜モードでした。

というわけで今回も、リオルの絵が描きたかっただけの日記でしたw
| アニメ | 16:53 | comments(2) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
エントリートップ
ラブリーブイゼル
写真

昨日に続いてポケモンのお話…です。

昨日は木曜日ということでポケモンの日。
なかでも、私の大好きな「ブイゼル」が大活躍ということで、釘付けでした。

私は、ポケモンのゲームは一切やらず、アニメを見るだけです。
アニメに登場する、
ポケモンのそれぞれのキャラクター性が大好きなんですよね。

特にこのブイゼルは、男気が溢れているといいますか、
普段からドジったりしても「何だこのやろー」みたいな感じで。

今回なんかジム戦の最後に出てきて、
結局相討ちで引き分けになったのに、
最後はなんか「自分のおかげで勝ちました」みたいな顔をしてて…。

こんなやんちゃな厄介坊主がウチにも欲しいw

というわけで、今日の日記は結局、

ブイゼルの絵が描きたかっただけ…です。
| アニメ | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
<<新しい記事へ過去の記事へ>> スペース
メニューバー左プロフィール区切りニュース区切り日記区切りコラム区切り物語区切りリンク区切りメールメニューバー右
Copyright(C)2007-2009 TOSHIKAZU KAWAI All Rights Reserved.
スペース
スペース
わいるどぷらんどっとこむ TOPPY.NET