メニューバー
スペース
スペースDIARY-東海3県で暮らしてます-|
スペースTOPDIARY
わいるどぷらんトップへ
カテゴリー
記事一覧
月別記事一覧へ
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
その他
エントリートップ
土用の丑・気にしなきゃいけないこと
写真
写真:国産鰻使用「うなぎまぶし」

昨日は土用の丑の日でしたね。
といえばやっぱりうなぎ。

今年は、里帰りうなぎや偽装など、愛知県の一色産うなぎをめぐり、
いろいろと問題が発覚したなかでの、土用の丑の日となりました。

法律上、一番長い期間生育された場所を、
産地として記して良いことになっているため、
一度海外に出して一定期間を海外で過ごした「里帰りうなぎ」も、
これまでは「国産」として扱われていたのですが、

業界団体の自主規制により、
里帰りうなぎは「輸入品」と表記することになったため、
これからは、スーパーで販売されている国産うなぎは、
一生を日本で過ごした、純国産のものだけになります。

実際、どうなの?

ということで、
一宮市木曽川町のイオンモール木曽川キリオへと行ってきました。

さすが、食料品売り場の活気がすごい。

一色産うなぎは1尾1,300円程度で販売されていました。
原油高騰などもあるのでしょうけど、
かつてに比べると、かなり高くなっているような…。

ということはやっぱり、以前食べていた国産うなぎ880円なんてのは、
里帰りだったということですかね。

実際のところ、国産だろうが輸入品だろうが、
味に大差は無いと思うんですよね。

結局、気になるのは安全性。

というわけで、無難に、国産うなぎのまぶし弁当を買ってきました。
これ、ちゃんとわさびの薬味と、お茶漬けにするための濃縮だしまで
入っていて、弁当なのにまぶし気分が味わえます。

でもでも「ひつまぶし」とは表記できないんですよね。
それは、名古屋で有名なあのお店の登録商標ですからね。

消費期限、産地、登録商標。

スーパーは気にしなきゃいけないことが、本当にたくさんありますね…。
| ひとりごと | 13:59 | comments(0) | trackbacks(1) | 記事単独表示 | ↑PAGE TOP
エントリー下
記事トップ
コメント
コメントする
・お名前(もちろんハンドルネーム可)の入力が無い場合は基本的に掲載しません。









記事下
記事トップ
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
国産鰻
ウナギ産地偽装:発覚1カ月、土用丑の日 国産にも影響、予約半分 /徳島毎日新聞国産ウナギを扱う徳島市内のかば焼き店では、丑の日を迎え、経営者の女性が早朝から店に出て仕込み...
| シルエット | 2008/07/25 9:55 PM |
記事下
メニューバー左プロフィール区切りニュース区切り日記区切りコラム区切り物語区切りリンク区切りメールメニューバー右
Copyright(C)2007-2009 TOSHIKAZU KAWAI All Rights Reserved.
スペース
スペース
わいるどぷらんどっとこむ TOPPY.NET